町内で聖火リレーが行われました

2021年6月22日

6月18日、東京2020の聖火リレーが町内で行われました。

岩手医科大学から矢幅駅前のねむの木公園までの約2キロで

ランナーが聖火をつなぎ、最終走者は本町出身で平昌パラリンピックに

出場した髙橋幸平さんが務められました。

 

幸平さんには、ゴール地点で一緒に写真を撮っていただきました。

大役を果たし、お疲れのところではあったと思いますが

このような機会を作っていただいた幸平さんをはじめ

関係者の皆様へ感謝申し上げます。

 

 

本町内で聖火リレーが行われるという、大きな歴史の1ページに立ち会えたことを

光栄に思います。

 

 

【髙橋幸平さんを囲む高橋町長(左)と藤原由巳町議会議長(右)。後ろは矢巾北中学校特設合唱部】

dayori.JPG