ポリファーマシー(多剤服用)について

2022年4月1日

ポリファーマシーとは?

 「ポリファーマシー」とは、複数を意味する「ポリ」、調剤を意味する「ファーマシー」を合わせた言葉で、「多剤服用」とも言います。
 これは、単に服用する薬剤数が多いことではなく、多くの薬を服用することにより副作用や薬物有害事象(薬物を投与された患者に生じた好ましくない、あるいは意図しない徴候、症状、病気)を起こすことを意味します。
 例えば、複数の診療科・医療機関の受診により、薬の数が多くなることがありますが、処方薬全体が把握されていないこと等により起こることがあります。
 薬の服用等は自己判断をせずに、医療機関等で薬の処方を受ける際には、必ず服用等をしている薬の情報を伝えて、医師や薬剤師等に相談するようにしましょう。

ポリファーマシー対策

 処方される薬の数や量を減らせばいいというわけではありません。
 薬を処方する医師、調剤を行う薬剤師をはじめとした医療に関わるそれぞれの専門家と情報を共有することが大切です。

 1 気軽に相談ができる「かかりつけ医」と「かかりつけ薬局」を持ちましょう。
 2 医療機関等に受診する際には、お薬手帳を持参しましょう。
 3 薬の処方を受ける際には、服用等をしている薬の情報を全部伝えましょう。また、健康食品やサプリメントも伝えましょう。
 4 薬を飲んでいて気になる症状(ふらつき、めまいなど)があったときは、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

お薬手帳を活用しましょう

 「お薬手帳」は、あなたが使っている全ての薬を記録するための手帳です。
 医師や薬剤師等がお薬手帳からあなたの使っている全ての薬を把握できるように、お薬手帳はひとつにまとめて、継続して記録するようにしましょう。
 薬局では、薬剤師がお薬手帳を見て、副作用や飲み合わせ、薬の量が適切かどうか等をチェックします。
 また、薬剤師が薬の名前や飲み方を記入します。
 ご自宅でも、服用後の体調変化があった時や、自分で購入した薬を飲んだ時に記入するようにしましょう。

お問い合わせ

健康長寿課
医療給付担当
電話:019-611-2823