高齢者にやさしい住まいづくり推進事業

2016年2月13日

要援護高齢者の在宅での自立した生活を支援するとともに、その介護者の負担の軽減を図るため、要援護者等の世帯の住宅改修に必要な経費の一部を助成します。

 

《対象者》

介護保険サービスの利用対象となる方(要支援または要介護認定者)

 

《対象となる改修箇所》

便所や浴室の段差解消、階段の手すりの設置、スロープの設置など

 

《補助率・補助額》

工事費用の3分の2(上限40万円)

介護保険からは別途申請により18万円を上限に給付があります。

お問い合わせ

健康長寿課
長寿支援係
電話:019-611-2821