(海外渡航時限定)新型コロナウイルス感染症のワクチン接種証明書について

2021年7月21日

※接種証明書は、海外渡航する方のうち、交付を希望する方だけ申請する書類です。原則として、お手元の「接種券(クーポン券)」右側の「接種済証」か、優先接種を受けられた方は「新型コロナワクチン接種記録書」で、接種を受けたことはわかるようになっています。

※接種証明書に関するお問合せは、厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター(電話番号:0120-761770(フリーダイヤル))へお電話ください。

 


〇接種証明書とは
予防接種法に基づいて実施された新型コロナウイルスワクチンの接種記録等を公的に証明するもので、被接種者からの申請に基づき交付します。7月26日(月)から、申請の受付を開始します。

 証明書サンプル.pdf(59KB)


〇使い道
海外渡航先で提示することにより、入国後の各種行動制限が緩和される場合があります。具体的に利用が可能となる対象国・地域及びその緩和措置については、外務省等のウェブサイトをご確認ください。


〇申請先
接種証明書は、原則としてワクチン接種時点で住民登録をしていた(接種時に使用した接種券を発行した)市区町村から発行されます。ワクチンの接種時点で矢巾町民でない場合は、当時住民登録をしていた市区町村にお問合せください。


〇申請方法
矢巾町では、新型コロナウイルス感染症対策のため、郵送による申請のみ受付けます。窓口では交付できませんので、ご注意ください。申請書を受理後、おおむね5営業日以内に返送いたします。また、申請時に提出いただいた写し等の書類は返却しませんので、ご了承ください。 

 ★必要書類
  □ 接種証明書申請書【記載例付】.xlsx(23KB)
  □ 旅券の写し(有効期限、旅券番号、姓名、国籍、生年月日、性別がわかる部分)
   ※旅券番号が変わると接種証明書は無効となりますので、有効期限が近い場合は旅券を更新後に申請いただくことを推奨します。
  □ 接種券及び接種済証(接種記録書)の写し
  □ 返信先住所が記載された本人確認書類(自動車運転免許等)の写し
  □ 返信用封筒(必要分の切手を貼付け、返送先住所を記載したもの)
   ※返送先は、原則として住民登録地です。
 ★場合によって上記に追加で必要となる書類
  ・旅券に旧姓、別姓、別名の記載がある場合
   □ 旧姓、別姓、別名の記載がある本人確認書類の写し
  ・代理人による請求の場合
   □ 本人の自署による委任状 【記載例】
   □ 代理人の本人確認書類の写し

 ★必要書類の郵送先
  郵便番号 028-3692
  住所   岩手県紫波郡矢巾町大字南矢幅第13地割123番地
  担当部署 健康長寿課 ワクチン接種証明担当

 ★申請受付開始日
  2021年7月26日(月)予定


〇その他
・手数料は、現時点では無料です。
・接種済証の写しの同封がなく、国のワクチン接種記録システムから接種記録が確認できない場合、申請から発送までお時間をいただく場合があります。
・接種証明書は、発行時点での接種記録を証明するもので、証明書自体に有効期間は定められていません。ただし、提示先から証明書発行日に関する指定(発行から〇か月以内、等)がある場合があります。

 

お問い合わせ

健康長寿課
ワクチン接種証明書担当
電話:019-611-2821