新型コロナワクチン感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)のコンビニ交付が始まりました【8.16更新】

2022年7月25日

令和4年7月26日(火)から個人番号カード(マイナンバーカード)を利用して、コンビニエンスストアの端末で新型コロナワクチン感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)が取得可能となりました。

当初は北海道の一部地域のコンビニ等の店舗でのみ取得可能となっておりましたが、8月17日(水)から株式会社セブン-イレブン・ジャパンでも取得可能となる予定です。

 

利用できるコンビニエンスストア等店舗(厚生労働省)

 


事前に準備いただく必要があるもの

【海外用及び日本国内用】

 1.個人番号カード(マイナンバーカード)

 2.接種証明書発行手数料(120円)

 3.令和4年7月21日以降に市町村窓口、新型コロナワクチン接種証明書アプリで海外用接種証明書を取得しており、その時と旅券番号が同じであること。

【国内用】

 1.個人番号カード(マイナンバーカード)

 2.接種証明書発行手数料(120円)

 ※1:発行にあたり個人番号カードの交付時に設定した利用者証明用電子証明書の4桁の暗証番号の入力が必要となります。事前にご確認ください

 ※2:印刷不良の場合を除き、発行後の返金には対応できません。 コンビニエンスストアの端末により、発行前にご自身で内容をご確認いただくことになります。

    適宜、接種時に交付された接種済証など接種事実が確認できる書類等をお持ちいただくと内容の確認をスムーズに行うことができます。

 


事前に確認いただく必要があること

 申請先の市町村やコンビニエンスストア等店舗が、接種証明書のコンビニ交付に対応しているかを事前にご確認ください。その際、住民票の写しなどのコンビニ交付サービスと、利用可能なコンビニエンスストアが異なる可能性がありますのでご注意ください。

 利用可能な市町村によって、利用可能なコンビニ等の店舗が異なることはありません。

 コンビニ交付参加市町村(厚生労働省)

利用できるコンビニエンスストア等店舗(厚生労働省)

 


コンビニでの取得方法

 午前6時30分から午後11時までの間で取得可能です。詳しくは下記リンク先をご確認願います。

 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(コンビニでの取得方法)(厚生労働省)

 


参考資料

  新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書について(厚生労働省ホームページ)

 デジタル庁ホームページ:新型コロナワクチン接種証明書アプリ

お問い合わせ

健康長寿課
電話:019-697-2827