校長あいさつ

矢巾北中学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
このホームページでは、本校の概要と教育活動の一端をご紹介いたします。

 

 本校は、平成8年4月に矢巾町立矢巾中学校から分離独立して23年目を迎えた比較的新しい学校です。校舎は、四方を水田に囲まれた静かな所に建っています。東北新幹線で盛岡から東京方面に向かうと、約4分後に進行方向右側の車窓から本校をご覧いただくことができます。学区内には住宅が次々と建築されており、生徒数は年々増加していましたが、平成24年度の502名をピークに現在はやや減少傾向にあり、本年度の生徒数は401名(平成30年4月2日現在)です。

 

 学校創立以来、学校教育目標「友愛・躍動・創造」を掲げ、一貫して学習や部活動、生徒会活動に力を入れ、「『緑風北魂』=相手にやさしく、自分にきびしく」を校訓に教育活動を進めてまいりました。特に、生徒会活動では、「先手必勝のあいさつ」「良きプレーヤーは良き生活者」「魂をゆさぶる表現活動」「心をみがく清掃」「『ありがとう』で広がる笑顔と思いやり」を5つの合言葉として各種の取り組みを推進し、内外から高く評価されるまでになりました。

 

ここ数年は、特設合唱部が全日本合唱コンクール県大会で1位金賞に輝くな ど、各種県大会で優れた成績を収め、東北大会や全国大会へも出場し、校舎内に明るく清らかな歌声が響いています。

 運動面でも、ハンドボールをはじめ各部や特設駅伝部が素晴らしい活躍をし、校内には活気があふれ、溌剌颯爽とした雰囲気が漂っています。

 

 今後も保護者や地域のお力をお借りしながら、生徒の自主性と向上心を教職員が一丸となって引き出し、「自他を尊重し、正義を愛する生徒」「礼儀正しく、溌剌颯爽とした生徒」「己を省み、目標に向かって努力する生徒」の育成を図ってまいりたいと思っています。

 

平成30年4月

校長 西郷 晃