校長あいさつ

校 長  小山田 孝

 矢巾東小学校は,急激な児童数の増加による煙山小学校のマンモス化を解消するため,煙山小学校4学区(245 名)と徳田小学校4学区(256 名)を分離統合し,平成16 年4 月1日に開校した学校です。矢巾町としては6 番目の学校(小学校では4 番目)です。平成30年度は,開校15年目となります。


 本学区は,矢幅駅の北東に位置し,盛岡市と隣接する豊かな田園が広がる農村地帯です。学区内には町内最⼤のショッピングセンターがあり,その⼀帯は銀⾏や郵便局,医院等も集中し,活況を呈しています。児童数は増加傾向でしたが,ここ数年,ピーク時630 名の在籍児童数も減少傾向に転じ,今年度は,480 名前後で推移しています。ただし,平成23 年に「医学」「⻭学」「薬学」の医療系三学部を同⼀キャンパスに設置した「医療系総合⼤学」の岩⼿医科⼤学キャンパスが開設され,平成31 年の岩⼿医科⼤学附属病院の移転を控え,それに伴う住宅地環境の変化により今後の児童数の変動が予想されます。また,平成29 年度に医⼤附属病院敷地北側に本校に隣接するかたちで,「岩⼿県⽴療育センター」及び「岩⼿県⽴となん⽀援学校(仮称)」が移転しました。このように,学校周辺の環境が激変する中で,家庭及び地域の生活環境の変化等に伴う諸問題への柔軟な対応に迫られてくると考えます。本校の保護者の教育に関する関⼼は⾼く,学校教育活動へも協⼒的であり,PTA活動も充実したものとなっています。特にも,有志による「おやじの会」も伝統的に続けられ,その活動の輪を広めています。

 

 学校で⼦ども達は,開校の精神である【進取・創造・連帯】をもとに,「新しい⾃分を創る」を合⾔葉として学校教育目標「かしこく⼼豊かでたくましい⼦」を目指して、明るく元気に学校生活を送っています。また,教育振興運動スローガン「スマイルあいさつ&ありがとう」を校内外で実践し、笑顔あふれるさわやかな⼦ども達とアイウエオ教職員(アイディア豊かでインテリでウイットに富み,エネルギッシュでオリジナリティをもった教職員)は,保護者や地域の方々と新しい校風と伝統を築き上げようと意欲的に諸活動に取り組んでいます。

 

 学校施設の特色としては,エコスクールとしての設備が整えられていることがあげられます。屋上にはソーラーパネル,正門傍には簡易風⼒発電のプロペラが設置されています。校舎1階地下には,⾬⽔を貯めて⽔洗トイレで使⽤する貯⽔槽も設置されています。放課後の児童の居場所としての児童館が,渡り廊下で結ばれた棟続きにあり,⾏政管轄の枠を越えたモデル校として県内外からも注目されています。

 

 これまでの教育実践を振り返ると,平成18 年10 月31 日には,「主体的に学ぶ児童の育成をめざして-エネルギー・環境学習における体験的な活動をとおして-」と題し,学校公開研究会を開催しました。平成19 年度からは,エネルギー・環境学習に加え,国語と算数の研究にも着⼿し,基礎・基本の確実な定着を目指して研究実践に取り組み,⼀定の成果をあげました。平成22年度からは,理科・生活科の研究に取り組み,平成24 年11 月8 日(木)に学校公開を開催しました。また,平成25 年10 月19 日(⼟)に開催された創⽴10周年記念式典,祝賀会を経て,平成27年度から平成28年度の2年間は国⽴教育政策研究所による理科の研究指定を受け,「観察・実験の結果から考察し結論を導くための効果的な指導方法の研究」-考えを深める場⾯での「協働的な学び」を重視した授業づくりを通して-と題し,実践研究に取り組んできました。今後さらに研究実践を深めていきます。

 

 このように,開校から15年目,12 年間を1サイクルとすると3年目にあたる今年度は、長期的な視野を大切にしながら、時代のニーズ,地域の願いに寄り添い,新たな⼀歩を踏み出したいと考えています。