新生児聴覚検査費の助成について

2020年4月1日

 

 町では、新生児聴覚検査費用の助成を行っています。

 お子さんの将来の耳を守ることにつながる新生児聴覚検査を受け、耳の聞こえについて、確認しましょう。

 

 町の助成について ~詳しくは、下記の≪令和2年度矢巾町新生児聴覚検査費助成事業のご案内≫をご確認ください。

  ≪対象となるお子さん≫   

    生後2か月未満の新生児

  ≪助成回数≫

    新生児1人につき、初回検査1回限り

  ≪助成額≫

    初回検査費用として、3,000円を上限として助成

    ※医療機関の提示する検査費用との差額分は自己負担となります。

  ≪受け方≫

  ・母子健康手帳交付時に「新生児聴覚検査受診票」を交付します。

    ・お子さんが生まれた際に検査を希望する場合は、「新生児聴覚検査受診票」を検査する医療機関へ提出してください。

    ・医療機関では、検査結果を母子健康手帳に記入します。

   ※新生児聴覚検査受診票は、岩手県外の医療機関等では使用することができません。

     里帰り等で県外の医療機関の受診を希望される場合の手続きについては、下記の≪令和2年度矢巾町新生児聴覚検査費助成事業のご案内≫を確認願います。

 

 新生児聴覚検査とは

 先天性難聴の頻度は1,000人に1~2人といわれています。先天性難聴児の約半数は難聴の危険因子(家族歴や子宮内感染など)がない場合が多く、出生間もない新生児期にスクリーニング検査を受けることで、早期に耳の聴こえを調べることができます。また、問題がある場合にはその後の精密検査や早期療育につながることで、コミュニケーションの形成やことばの発達に大きな効果が得られます。

 

 【検査の内容は】

  新生児期はことばもなく、反応も少ないため、お子さんが眠っている間に、専用の検査機器を使って聴力検査を行います。

  検査では、お子さんが聞こえる基準の音に反応しているかどうかを確認します。

 【検査できる病院は】

  お子さんが生まれた産院で、生まれた後、お母さんと一緒に入院している間に行います。

 【検査を受ける時期は(望ましい検査の時期)】

  ・初回検査…生後3日以内

  ・確認検査…生後1週間以内

  ・精密検査…遅くとも生後3か月までに

  その後、療育の開始は遅くとも6か月までに開始することが望ましいとされています。

 

 

 

 令和2年度矢巾町新生児聴覚検査費助成事業のご案内(117KB)

 

 

 ●岩手県外(里帰り等)で検査を受けた場合

 

 矢巾町新生児聴覚検査費助成申請書(様式第1号)(56KB)

 

 【記入例】矢巾町新生児聴覚検査費助成申請書(様式第1号)(64KB)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

健康長寿課
健康づくり係
電話:019-611-2826