新型コロナウイルス感染症 基本的な感染対策の徹底を

2022年7月21日

7月に入り岩手県と同様に矢巾町でも新型コロナウイルス感染症の感染者が急拡大しています。感染力の強いオミクロン株 BA.5が確認されていますが、基本的な感染対策は引き続き有効です。夏場は熱中症対策を行いながら、基本的な感染対策の徹底にご協力お願いします。リーフレット「基本的な感染対策について」(269KB)

 

基本的な感染対策1 手洗い

石鹸をつかってこまめに手洗いをしましょう。

 

基本的な感染対策2 換気

飛沫よりも細かい粒子が空気中を漂い、吸い込むことにより感染するエアロゾル感染の対策には換気が重要です。

・10センチを目安に対角線上にあるドアや窓を2か所開放する。

・常時換気が難しい時は30分に1回を目安に数分間、窓を全開にする。

・夏場は、熱中症予防のためにエアコンや扇風機を併用する。

 

基本的な感染対策3 場面に応じたマスクの着用

マスク着用は基本的な感染防止対策として重要です。

夏場は、熱中症予防の観点から屋外でマスクの必要のない場面では、マスクを外すことをお勧めします。判断のポイントは「人との距離:2メート以上」と「会話の有無」です。

屋外では、人との距離が2メートル以上確保できる場合や、距離が確保できなくても、会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。

屋内では、人との距離を2メートル以上確保ができて、かつ会話をほとんど行わない場合はマスクを着用する必要はありません。

2歳未満の子どもは、マスク着用は推奨されません。また、小学校就学前の子どもは、マスクの着用を一律に求めてはいません。マスクを着用する場合は、保護者やまわりの大人が子どもの体調に十分注意した上で着用しましょう。

厚生労働省リーフレット屋外・屋内でのマスク着用について(387KB)

           子どものマスク着用について.pdf(165KB)

環境省・厚生労働省リーフレット熱中症予防×コロナ感染防止リーフレット(560KB)

 

基本的な感染対策4 毎日の体調確認

毎朝など定時の体温測定と健康チェックをしましょう。体調不良時は外出を避け、電話相談の上、早期に受診しましょう。

 

基本的な感染対策5 ワクチン接種

新型コロナウイルス感染症は、高齢者ほど重症化しやすく、一定の基礎疾患を持つ方も重症化しやすいことが明らかになっています。コロナワクチンは、重症化予防の効果が報告されています。9月末までに積極的な接種をお願いします。

 

感染対策は一人ひとりが主役です。基本的な感染対策のご協力をお願いします。

お問い合わせ

健康長寿課
健康づくり係
電話:019-611-2825