新型コロナウイルス感染対策に係る町民の皆様への町民メッセージ

2022年4月14日

 県内の新規感染者数は、一日200人超えが連日確認され、4月13日には過去最大の431人となり、ここ最近は高止まりが続いております。児童・生徒の感染やそれに伴う家庭内感染に加え、職場やスポーツ活動によるクラスターが複数確認され、感染状況は依然厳しい状況です。

 また、本県においても、オミクロン株BA.2系統による感染が確認され、新しい系統への置き換わりが進み、誰もが、いつ感染者や濃厚接触者になってもおかしくない状況です。

 町内の感染状況につきましても、新規感染者の発生が継続的に認められており、新年度を迎え、各職場や学校等での接触の機会が増加する可能性があります。改めて、感染リスクが高まっていることを意識し、親しい間柄であっても、オミクロン株の特徴を踏まえ、以下に掲げる基本的な感染対策の再徹底をお願いいたします。

1 発熱等の症状がある子どもの保育施設、学校等への登園、登校は自粛しましょう。

2 発熱等の症状がある方は、外出や移動を控え、医療機関に電話した上で受診しましょう。

3 家庭内においても、マスク着用が難しい子どもなどを除いて、同居する高齢者や基礎疾患のある方と会話をする際はマスク着用するよう心がけましょう。

4 ワクチン接種後も、飛沫防止効果の高い不織布マスクを、正しく着用しましょう。

また、昼食時、休憩時を含めて会話の際はマスク着用を徹底しましょう。

5 こまめな換気・手洗い・手指消毒、咳エチケットの励行、近距離での会話や大声での発声、

三密の回避(一つの密でも)など、職場や家庭内でも基本的な感染対策に注意しましょう。

 

 新型コロナワクチンの追加(3回目)接種につきましては、昨年10月末までに2回目接種を完了した12歳以上の方に、接種券(予診票付き)を4月8日に郵送しております。

 本町の追加(3回目)接種の接種率は約5割であり、なかでも若年層が他の年代と比較して接種が進んでいない状況です。

 また、5~11歳の小児接種については、希望される方が安心して接種いただけるよう、医師会等と緊密な連携を図り接種を進めております。

 ワクチン接種は、感染予防及び重症化予防の要であることをご理解いただき、接種を希望する方は、早めの接種をよろしくお願いします。

 

 新型コロナウイルスとの共存は3年目を迎え、今後も感染の波が繰り返すことが予想されますが、これまでの教訓を活かしながら、ご自身、ご家族や友人、社会全体を守るため、そして未来のために、町民一丸となって、感染防止の引き続きの対策について、ご協力をいただきますようお願いいたします。

                 

令和4年4月14日

矢 巾 町 長   高 橋 昌 造

町長メッセージ(4月14日).pdf(240KB) 

 

お問い合わせ

健康長寿課
電話:019-611-2825