令和3年度子育て世帯への臨時特別給付について(1/11更新)

2022年1月11日

 

令和3年11月19日に閣議決定された「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」において、新型コロナウイルス感染症の影響等を踏まえ、子育て世帯に対して給付金を給付することとなりましたので、矢巾町においても12月から順次給付いたします。

矢巾町では、5万円相当のクーポン給付を現金給付として、先行給付金と合わせて10万円給付します。

対象児童

・令和3年9月分の児童手当支給対象となる児童(特例給付を除く。)

・令和3年9月30日時点で高校生等(平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれまで)の児童(特例給付と同等未満の所得に限る。)

・令和4年3月31日までに生まれた児童手当支給対象となる児童(特例給付を除く。)

支給対象者

上記記載の児童の保護者のうち、生計を維持する程度が高い方の保護者

支給額

対象児童1人につき10万円

申請方法等

【申請が不要な方】

・令和3年9月分の児童手当を受給している世帯

・高校生等(平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれまで)がいる世帯のうち、兄弟姉妹が児童手当を受給している世帯

・令和3年9月から11月までに生まれた児童のうち、児童手当の手続きをされた世帯

※申請不要な方には、令和3年12月6日(月)に案内通知を発送しました。また、10万円の給付についても令和3年12月16日(木)にお知らせを発送しました。

※受給を拒否する場合は、受給拒否の届出書(様式第1号)を令和3年12月15日(水)までに提出してください。(終了しました。)

給付金受給拒否の届出書(様式第1号).xlsx(21KB)給付金受給拒否の届出書(様式第1号).pdf(78KB)

※解約等により児童手当受給口座に振込みができない場合に限り、支給口座登録等の届出書(様式第2号)を令和3年12月15日(水)までに提出してください。(終了しました。)

給付金支給口座登録等の届出書(様式第2号).xlsx(38KB)給付金支給口座登録等の届出書(様式第2号).pdf(129KB)

支給方法

児童手当受給口座に、12月24日(金)に振り込みました。

【申請が必要な方】

・令和3年9月30日時点で高校生等(平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれまで)のみの児童がいる世帯

・所属庁から児童手当を受給している公務員の世帯

・令和3年12月1日から令和4年3月31日までに生まれた児童(新生児)の世帯

※高校生等が結婚している場合は、給付金を受給できません。

※新生児について、児童手当の手続きと合わせて申請いただいた方は、改めて申請する必要はありません。

【申請方法】

18歳以下の児童がいる世帯で給付金の給付対象となる可能性がある方には、令和4年1月7日(金)に申請案内を郵送しました。

同封しました申請書に必要事項を記入の上、必要書類と合わせて返信用封筒にて送付してください。

※主に生計を維持している方が申請者となり、申請者の住民票の所在地(令和3年9月30日時点)である市町村が申請書の提出先となります。

 例えば、単身赴任等により主に生計を維持している方と児童が別居している場合、主に生計を維持している方が、令和3年9月30日時点で住民票のある市町村に申請する必要がありますので、ご注意ください。なお、この場合、別居している児童の住民票の提出が必要となりますので、提出先の市町村にご確認ください。

 申請案内は、児童がいる世帯に送付しておりますので、単身赴任等により主に生計を維持している方と児童が別居している場合、主に生計を維持している方に申請案内がお手元に届かないことがありますので、その際は、町子ども課にお問い合わせいただくか、以下の申請書をダウンロードしていただき、申請くださいますようお願いします。

・申請について申請について.pdf(85KB)

・申請書(公務員・高校生等)申請書(公務員・高校生等).xlsx(40KB)申請書(公務員・高校生等).pdf(86KB)記載例(公務員・高校生等).pdf(886KB)

・申請書(新生児)申請書(新生児).xlsx(41KB)申請書(新生児).pdf(230KB)

申請書を提出いただいても所得要件等により対象外となる場合がありますことをご了承願います。

児童手当の所得制限限度額

扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額の目安(万円)
0人 622 833.3
1人 660 875.6
2人 698 917.8
3人 736 960
4人 774 1002
5人 812 1040

収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。

(注)1.所得税法に規定する同一生計配偶者(70歳以上の方のみ)又は老人扶養親族がいる方についての限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該同一生計配偶者又は老人扶養親族1人につき6万円を加算した額

   2.扶養親族等の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、1人につき38万円(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の方のみ)又は老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額

<計算例>

家族構成 父、母、児童3人(小学校5年生、中学校2年生、高校1年生)

所得内容 父の所得600万円

     母の所得38万円以下

     この場合、所得の高いほうの保護者(父)が申請者(受給者)となります。

限度額  扶養親族等の数 4人(児童3人+母)774万円

計算結果 父の所得600万円 < 所得制限限度額774万円 → 給付金の対象

申請書提出期限

令和4年3月31日(木)

支給方法

申請内容や所得状況の確認ができ次第、順次、申請書に記載の指定口座に振り込みます。

その他

本給付金は、

・中学生以下は、令和3年9月分の児童手当を受給している方

・高校生等は、令和3年9月30日時点で児童を養育している方

を基準として支給するため、基準の前後で養育者が異なる場合があります。養育者の方は、話し合いなどをしていただき、子どもにとって望ましいご活用をご検討いただきますようご協力をお願いします。

お問い合わせ

子ども課
子育て家庭支援係
電話:019-611-2772