新型コロナウイルス対策に係る町民の皆様へのメッセージ

2021年4月28日

 新型コロナウイルス対策に係る町民の皆様への町長メッセージ

 

 新型コロナウイルス感染症対策につきましては、当初から長丁場の取り組みといわれておりましたが、最初の緊急事態宣言からほぼ1年が経過した令和3年4月26日時点での同感染症による国内の死亡者が1万人を超えました。

 令和3年4月23日には、東京・京都・大阪・兵庫の4都府県に4月25日から5月11日までの期間、3回目となる緊急事態宣言が発令されました。

 関西圏や首都圏では変異株への置き換わりや割合の上昇が進み、本県においても変異株による感染が確認されており、これまで以上に感染対策の徹底が求められております。

 町民の皆様におかれましては、これまでの感染対策の徹底並びに慎重な行動の継続に対しまして、あらためて感謝を申し上げます。

 間もなくゴールデンウィークを迎えますが、人の移動や人が集まる機会が増えることにより感染リスクが高まりますので、これからも、手洗い、せきエチケット、常時のマスク着用、三密の回避など基本的な感染対策について、引き続きご理解ご協力をお願いします。

 また、緊急事態宣言区域やまん延防止等重点措置区域との往来については、不要不急のものは自粛いただきますとともに、その他の感染が拡大している地域や外出の自粛が要請されている地域との往来につきましても慎重なご判断をお願いいたします。

 なお、新型コロナワクチンの接種につきましては、高齢者の皆様にはすでに接種券(クーポン券)をお送りしておりますが、ワクチンの供給量に応じて、5月の連休明け以降、施設入所・入院されている方から接種を開始し、以後85歳以上の方々から順次接種のご案内を行いますので、接種まで若干のお時間を頂戴することとなりますが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

 また、ワクチン接種体制につきましては、紫波郡医師会と町内医療機関のご協力により実施いたしますが、集団接種及び医療機関での個別接種の両方を実施する予定であり、町民の皆様が安全かつ適切に接種いただけるよう、ワクチンの安全性や有効性、副反応等の情報をわかりやすく丁寧にお伝えしてまいりますとともに、必要な体制の構築を図ってまいります。

 明るい笑顔で元気に挨拶をかわせる朝が必ずやって来ます。

 その日を信じ、町民一丸「オールやはば」の力を結集し、この新型コロナウイルス感染症を乗り切りましょう。

                令和3年4月28日

矢巾町長  高 橋 昌 造

 

新型コロナウイルス対策に係る町民の皆様への町長メッセージ.pdf(142KB)