スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に関する提案書の提出について

2021年4月19日

矢巾町は、スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に向け、内閣府地方創生推進事務局に対し、提案書を提出しました。
矢巾町の提案する構想は、大胆な規制改革や先端技術等を活用し、町が抱える社会課題の解決に取り組み、町民が人生100年時代を肉体的、精神的、社会的に満たされた状態で日々の生活を営むことができる「人生100年時代を健幸に暮らすフューチャー・デザインタウン」を目指すものです。

提案書(概要)について

公募にあたり提出した提案書の概要版を公表します。

矢巾町スーパーシティ提案書(概要版).pdf(2MB)

なお、国から区域指定を受けた場合であっても、すべての事業の実施が決定(保証)されるわけではありませんので、ご注意ください。

スーパーシティとは

「スーパーシティ」構想とは、地域の「困った」を最先端のJ-Tech(※)を用いて解決する「まるごと未来都市」の実現を地域と事業者と国が一体となって目指す取組です。
※J-Tech 日本で展開される技術(Japan Technology)の略

詳しくは、内閣府国家戦略特区のホームページをご確認ください。

お問い合わせ

企画財政課
電話:019-697-2111