インフルエンザの流行注意報

2019年1月11日

 インフルエンザの流行シーズンに入っています。岩手県は感染症発生動向調査情報から1月9日にインフルエンザの流行注意報を発令しました。感染者は週を追うごとに増加しており、県央保健所管内でも第1週(12/31~1/6)における1定点医療機関あたりの患者発生状況が前週より多く、注意報基準の10.0を上回る10.25となりました。

 今後、本格的な流行が始まると見込まれ、県は予防対策の徹底を呼び掛けています。

 

日ごろから手洗いやマスクの着用、充分な睡眠や栄養による体調管理を心がけ、感染予防に努めましょう。ワクチンは接種後、効果が表れるまでに2週間程度かかりますので、早めに予防接種を受けることをお勧めします。

また、高熱や寒気、咳などの症状があるときには早めに病院を受診しましょう。

 

 

インフルエンザ感染予防ポスター(733KB)

 

 

 

 

 

お問い合わせ

健康長寿課
健康づくり係
電話:019-611-2826