食品ロスの削減に向けて

2017年12月21日

 日本では、食べられるのに捨てられている食品が年間621万トンあると試算されています。この量は、国民全員が毎日お茶碗1杯分(約134g)の食べ物を捨てていることになります。

 まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」の削減を目指し、昨年度から町では「30・10運動」を実施してきました。

 「30・10運動」は忘新年会等で宴会開始後30分間は席を立たずに料理を味わい、宴会終了10分前に席に戻り料理を食べきるという運動です。

 今年度からは食品ロス削減をさらに推進するため、食品ロス削減の取組みに協力する飲食店や宿泊施設を「もったないない・いわて☆食べきり協力店」として県が募集しています。

 「食べきり協力店」登録実施要領.pdf(97KB)「食べきり協力店」登録実施要領.docx(28KB)

 協力店募集チラシ.pdf(1MB)食べきり協力店Q&A.pdf(89KB)

 忘年会や新年会では、ぜひ「もったいない・いわて☆食べきり協力店をご利用ください!

 現在参加している飲食店や宿泊施設は以下の岩手県HPより確認してください。

 http://www.pref.iwate.jp/kankyou/seisaku/recycle/060854.html

 

 忘新年会の幹事さんへのお願い

 忘新年会の際に以下の1~3を実践していただければ、食べ残しによる食品ロスの量を削減することができます。幹事皆様のご理解とご協力をお願いします。

  お店を予約するときには、当日の参加者の構成を伝えて、なるべく適量で提供されるように料理の内容や量を調整してもらいましょう!

  宴会がスタートしたら次のようにアナウンスをお願いします。

 【アナウンス例】

 ここで、皆様に「30・10運動」についてお知らせいたします。30・10運動は、宴会時における食べ残しを減らす取組です。

 乾杯の後の30分間とお開き前の10分間は、自分の席で出されたお料理を楽しんでいただき、食品ロスの削減にご協力お願いいたします。

  宴会終了間近になったら今一度、食べきりのアナウンスをお願いします。

 【アナウンス例】

 皆様にお知らせいたします。間もなくお開きの時間となりますので、今一度自分の席に戻り、料理をお楽しみください。

 

 食品ロス削減に向けて皆さんのご協力をお願いします。

 

 

お問い合わせ

住民課
環境係
電話:019-611-2507