正しいごみの分別・排出方法の徹底についてお願い

2016年8月19日

   正しいごみ分別、排出方法の徹底についてお願い

 

 日頃より、町民の皆様にはごみの分別に御協力いただき、誠にありがとうございます。

 矢巾町、盛岡市旧都南地域、紫波町のごみを処理している、盛岡・紫波地区環境施設組合清掃センターより、分別を間違えて

異物をごみ袋に入れたものや、袋の中に石や刃物など危険なものが混入していたという例の報告がありました。

 このようなものが混入されていますと、施設設備の損傷を招くほか、重大な事故が起きることにもつながりますので、今一度、

正しい分別の徹底について町民の皆様のご協力をお願いいたします。

 また、その他プラスチック製容器包装の出し方について、汚れている場合は軽く洗浄し、乾かしてから緑色の分別のごみ袋に入れて

出していただくようお願いしておりますが、かなり汚れたものをそのまま出されている例が多数見られますので、排出方法の徹底に

ついても御協力をお願いいたします。

(汚れが落ちないものや洗えないものについては、燃やせるごみの方に出していただいてかまいません。)

 

 

【異物混入の実例】 

    その他プラスチック製容器包装、その他紙製容器包装の分別袋に炭や紙おむつが混じっていた例

 

                                

 

 【危険なものが入っていた例

      はさみ               石

              

 

資源ごみ異物混入事例(盛岡・紫波地区環境施設組合).pdf(6MB)

 

 

 

お問い合わせ

住民課
環境係 
電話:019-611-2506.2507