児童扶養手当

2017年12月6日

児童扶養手当は、父母の離婚などで父または母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立の促進に寄与し、児童の福祉の増進を図ることを目的として、支給されるものです。

 

【手当を受けることができる人】
・父または母のいない家庭の児童や、父または母が重度の障害である家庭の児童を監護※1し、かつ生計を同じくする※2母または父。
・父母にかわって児童を養育している方
  ※1 「監護」とは、児童の面倒を見て、必要な監督保護を行っていること。
  ※2 「生計を同じくする」とは、日常生活の生活費や教育費などが同じくしていること。

 

【支給額】 

対象児童1人のとき、月額42,910円(ただし、全額支給の時)

  (※ 平成31年4月からの手当額)
支給額は、受給者が監護・養育する児童の数や、所得などにより異なります。

 

【支給時期】
児童扶養手当は、毎年4月、8月及び12月の3期で支給されます。

 

詳しくは、担当までお問い合わせください。

お問い合わせ

福祉・子ども課
子ども支援係
電話:019-611-2575