療育手帳の交付

2016年2月13日

療育手帳は、「知的障がい者が、各種の援助サービスなどを受けやすくなるための手帳」で、申請により、岩手県福祉総合相談センターで知的障害と判定された人に岩手県知事から交付されます。
知的障害とは、18歳以前にさまざまな原因により精神発達が遅滞し、自己の身辺の事柄の処理および社会生活への適用が困難になりやすいことをいいます。
障害の程度によってA(重度)、B(軽度)の等級があります。

《申請手続きに必要な書類等》

・新規交付(事前に判定を受ける必要があります)
申請書、印鑑、写真1枚
・住所・氏名変更
療育手帳、印鑑
・手帳破損
療育手帳、印鑑、写真1枚
・手帳紛失
印鑑、写真1枚
・死亡等手帳返還
療育手帳、印鑑

※申請を希望する方が18歳未満の場合は岩手県中央児童相談所、18歳以上の場合は知的障害者更生相談所(いずれも岩手県福祉総合相談センター内)で障害程度の判定を受けた後に手帳の交付申請を行います。
※写真は、縦4cm・横3cmです。

お問い合わせ

福祉・子ども課
福祉係
電話:019-611-2574