妊産婦医療費助成事業

2016年2月12日

医療費助成とは、医療機関にかかる医療費の負担を軽減するために実施している福祉制度です。母子健康手帳の交付時にさわやかハウスで手続きできます。また、母子健康手帳の交付日以外は、役場1階住民課医療年金係で手続きできます。

《助成対象となる期間》

妊娠5か月目の月の初日から出産日の翌月まで。

※ただし、本人または配偶者の所得が一定額以上の場合は、妊娠8か月目の月の初日からとなります。

《申請に必要な書類》

 

(1)健康保険証

(2)預金通帳(医療費を振り込む予定の口座)

(3)印鑑(認印可、シャチハタ不可

(4)本人及び配偶者の所得が確認できる書類
※(4)については住民登録日(転入した日など)や出産予定日により、『所得が確認できる書類』が必要になります。お問合せください。

 

 

《申請を確認できる書類の種類》

○ 町民税・県民税特別徴収税額通知書(納税義務者用)

○ 町民税・県民税納税通知書(所得額、扶養人数、控除額等の課税明細が記載してあるもの)

○ 所得・課税証明書(所得額、扶養人数、控除額、課税の有無の記載があるもの。(※源泉徴収票では受付できません。)

お問い合わせ

健康長寿課
医療給付係
電話:019-611-2823