ごみの分け方、出し方【ごみ、リサイクル】

2016年2月14日

 矢巾町では、燃やせるごみ、生ごみ、資源ごみ、大形ごみ・不燃ごみの収集を行っています。
 「燃やせるごみ」は、紙くず・皮革・おもちゃ類・ゴムくず・紙おむつ・犬猫などの汚物処理剤(砂・土)です。
 「生ごみ」は、残飯・調理くずです。
 「資源ごみ」は、空カン・空ビン・古紙・紙パック・古着・ペットボトルです。

※平成22年8月からは、町内全地区で、その他プラスチック、その他紙製容器包装の収集が始まっています。


 「大形ごみ」は、建具類・家具類など、「不燃ごみ」は、フライパンなどの台所用品・ラジカセ・ビデオカメラ・時計、使い捨てカイロ・板ガラス・ガラス・ セトモノくず・ 燃えがら等です。

 ごみ収集カレンダーをご覧になり、矢巾町指定ごみ専用袋を使い、それぞれのごみを分別して決められた収集日に出してください。
 

 ■ごみの出し方
 
 詳しくは、「住民課環境係 電話611-2506(直通)」または「盛岡・紫波地区環境施設組合清掃センター 電話697-3835」へ、 お問い合わせください。