田や畑に建築する場合の許可申請(農地転用)

2016年2月14日

田や畑に家を建てたり、耕作以外の目的で使用する場合には、県知事の許可が必要です。
現在、耕作している田や畑はもちろん、耕作していなくても登記簿の地目が田や畑の場合は許可が必要です。

許可手続きには、申請書に土地の登記簿謄本・土地の位置図・建物の平面図など、必要な書類を添付して、農業委員会 に申請してください。
申請は毎月10日が締め切りで、特に問題がなければ翌月末には許可書が届きます。そして、許可書に従って工事に 取りかかることができます。許可前に着工すると、工事の中断や中止、農地への復元を求められる場合があります。

なお、どこの場所でも許可されるわけではありません。許可の基準が法律によって定められており、この基準に基づいて 許可されることになります。

許可申請手続きや許可の基準には、複雑な部分もありますので、事前に「農業委員会事務局 電話019-611-2543(直通)」へ、 ご相談ください。