全国地域安全運動の実施について(10月11日から20日)

2018年10月11日

10月11日(木)から10月20日(土)までの10日間、「みんなでつくろう安心の街」をスローガンに、全国地域安全運動が実施されます。

この運動の重点の1つ目は、子どもと女性の犯罪被害防止です。
子どもの外出時には、防犯ブザー等を携行させるとともに、子どものための防犯標語である「いかのおすし」の確認をしましょう。
また、夜道の一人歩きを避け、周囲への警戒を怠らないことなど、夜間外出時に心がけることを確認しましょう。

重点の2つ目は、特殊詐欺の被害防止です。
岩手県内では特殊詐欺全体の被害は減少しているものの、オレオレ詐欺の被害額は増加しており、不審な電話も相次いでかかってきています。
被害に遭わないために、「一人で判断しない」「一旦電話を切り確認する」「すぐに家族や警察に相談する」ことなど、家庭内でのルールを決めるなどして被害防止の対応を家族間で話し合いましょう。

重点の3つ目は、鍵かけの励行です。
岩手県内では盗難被害のうち、鍵をかけないで被害に遭った割合が全国と比較して依然として高い状況にあります。
鍵かけは誰にでもできる防犯行動ですので、鍵かけを生活習慣として定着させましょう。
 
みなさんの防犯に対する心がけで防ぐことができる犯罪も多くありますので、家庭、地域、学校、職場等で防犯活動に取り組み、安全で安心な矢巾町を目指しましょう。

 

お問い合わせ

総務課
防災安全室
電話:019-611-2709