平成29年度矢巾町被災者住宅再建支援事業

2017年4月3日

東日本大震災津波により岩手県内で被災された方々の矢巾町内での「持ち家」による住宅再建を支援します

 

被災者住宅再建支援事業

 

この事業は、平成23年の東日本大震災及び津波により、岩手県内でその居住する自宅が全壊し、または、やむを得ず解体されたことによって自宅を失われた方々が、矢巾町内で「持ち家」により住宅を再建し、一日でも早く生活を再建できるよう、矢巾町と岩手県が協力して補助金を支給し、被災された方々の生活再建と早期の復興を支援するものです。

 

1 この支援事業による補助の対象となる方(世帯) 

次の2つの要件をいずれも満たしている被災された世帯の世帯主です。
(1) 平成23年の東日本大震災及び津波により、岩手県内でその居住する住宅が全壊し、又は解体されたことにより、被災者生活再建支援金の基礎支援金(複数世帯100万円、単数世帯75万円)を受給していること。
(2) 矢巾町内に自宅を建設又は購入することにより、被災者生活再建支援金の加算支援金(建設・購入 複数世帯200万円、単数世帯150万円)を受給していること。 

 ※ 平成23年3月11日以降に、既に被災者生活再建支援金の加算支援金(建設・購入)を受給している世帯も対象となります。
 ※ 岩手県以外でその居住する住宅が全壊又は解体して、被災者生活再建支援金の基礎支援金を受給した世帯は、補助の対象になりません。 

  ※ 上記の2つの要件を満たしても、建設・購入される建物の種類やかかった費用、契約した形態等により、補助を受けられない場合があります。

 


2 補助限度額

世帯区分 複数世帯 単数世帯
補助額 100万円 75万円


※ 世帯区分は、既に受給されている基礎支援金の区分に基づきます。
※ 建設・購入される経費が補助額に満たない場合は、その経費が補助額となります。

 

 

3 申請手続き

矢巾町役場道路都市課へ矢巾町被災者住宅再建支援補助金交付申請書に次のものを添えて申請してください。


(1) 被災者生活再建支援金の加算支援金(建設・購入)の申請書に添付したものと同じ契約書(建設請負契約書・不動産売買契約書)の写し

(2) 被災者生活再建支援金支給通知書の写し

(3) 被災者生活再建支援金の加算支援金の振込先と同じ世帯主の通帳の写し

 ○ その他町長が必要と認める書類

 

 

4 補助金の請求 

矢巾町役場から補助金の交付決定の通知が届いた後に矢巾町被災者住宅再建支援補助金交付請求書に次のものを添えて請求してください。


(1) 加算支援金の申請書に添付した契約書に係る請求書又は領収書の写し
 ○ その他町長が必要と認める書類
 ・ 住宅を建設した場合は、建築確認の検査済証の写し又は建物の登記簿謄本の写し
 ・ 住宅を購入した場合は、建物の登記簿謄本の写し

 

 

5 補助事業の仕組み

この事業により支給される補助金は、県内それぞれの市町村が、同じ岩手県内で被災された方々の一日も早い生活再建を支援するために補助事業を行うことを決定し、それぞれの市町村の財源と県の復興基金による補助を合わせた資金を財源にして、県内の各市町村と県が協力して行う市町村の補助事業です。

 

shikumi.jpg

 


*申請書、請求書は、下記お問い合わせ先に用意しております。

 なお、本事業は平成30年度を最後に終了予定です。ご利用をお考えの方は、お早めにご相談ください。

 

 

 

お問い合わせ

道路都市課
都市計画係
電話:019-611-2622