○矢巾町野外活動施設設置条例

平成2年3月16日

条例第3号

注 平成25年12月から改正経過を注記した。

(目的)

第1条 この条例は、町民の健康体力づくり及びスポーツの推進を図るため矢巾町野外活動施設(以下「野外施設」という。)の設置及び管理に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(野外施設の名称及び設置の位置)

第2条 野外施設の名称及び設置の位置は、次表のとおりとする。

名称

位置

マレットゴルフ場

矢巾町大字煙山第5地割10番地2

矢巾町営キャンプ場

矢巾町大字煙山第3地割14番地2

(使用期間)

第3条 野外施設の使用期間は、4月1日から11月30日までとする。ただし、町長(指定管理者(矢巾町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例(平成16年矢巾町条例第1号)第6条の規定により指定を受けた者)が指定されたときは、指定管理者。以下次条第5条第7条及び第8条において同じ。)が特に必要と認めたときは、これを変更することができる。

(平30条例7・一部改正)

(使用の許可)

第4条 野外施設を使用しようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

(許可の取消し)

第5条 次の各号のいずれかに該当するときは、町長は、その許可を取り消すことができる。

(1) 使用許可の目的、許可条件に違反したとき。

(2) 前号のほか、町長において特に必要があると認めたとき。

(目的外使用禁止)

第6条 使用の許可を受けた者(以下「使用者」(指定管理者が管理する場合にあっては、「利用者」という。以下同じ。)という。)は、許可を受けた目的外に野外施設を使用し、又は使用の権限を第三者に譲渡し、若しくは転貸することはできない。

(行為の禁止)

第7条 野外施設においては、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) 公の秩序又は風紀を乱すこと。

(2) 施設、設備、器具等を毀損し、又は滅失すること。

(3) 樹木を伐採し、又は植物を採取すること。

(4) ごみその他の廃棄物を捨てること。

(5) 町長が指定した場所以外の場所で、火気を使用すること。

(6) 指定された場所以外の場所に車両を進入させ、又は駐車若しくは停車をすること。

(7) 許可無く張り紙若しくは貼り札をし、又は広告を表示すること。

(8) 前各号に掲げるもののほか、野外施設の管理に支障がある行為をすること。

2 町長は、前項の規定に違反し、又はそのおそれがある者に対し、行為の中止、原状回復、野外施設からの退去その他必要な措置を命ずることができる。

(平30条例7・追加)

(使用の禁止又は制限)

第8条 町長は、野外施設の損壊、有害鳥獣の発生その他の理由によりその使用が危険であると認められる場合又は野外施設の工事、修繕その他の理由によりやむを得ないと認められる場合において、野外施設を保全し、又は野外施設を使用者の危険を防止するため、区域を定めて、野外施設の使用を禁止し、又は制限することができる。

(平30条例7・追加)

(使用料)

第9条 マレットゴルフ場を使用しようとするときは、別表に掲げる使用料を納付しなければならない。

(平30条例7・旧第7条繰下)

(利用料金)

第10条 指定管理者が管理する施設の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)は、指定管理者の収入として収受させるものとする。この場合において、前条の規定は適用しない。

2 利用料金の額は、前条別表に定める使用料の額の範囲内で、あらかじめ町長の承認を得て、指定管理者が定めるものとする。

3 利用者は、第4条の許可を受けた際に利用料金を支払わなければならない。

(平30条例7・旧第8条繰下)

(使用料の減免)

第11条 町長は、公益上特に必要と認めたときは、第9条に規定する使用料(指定管理者が管理する施設にあっては、利用料金)の全部又は一部を減免することができる。

(平30条例7・旧第9条繰下・一部改正)

(損害賠償)

第12条 使用者は、故意又は過失により、施設、設備又は用具を汚損又は損傷したときは、原状に回復し、又は損害を賠償しなければならない。

(平30条例7・旧第10条繰下)

(指定管理者の業務)

第13条 野外施設の管理に係る指定管理者の業務は、次のとおりとする。

(1) 第3条ただし書の規定により、使用期間を変更すること。

(2) 使用許可を行うこと。

(3) 第5条の規定により、許可を取り消すこと。

(4) 施設及び設備の維持管理に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、野外施設の管理に関すること。

2 指定管理者は、前項第1号又は第3号の行為を行おうとするときは、町長の承認を受けなければならない。承認を受けた事項を変更するときも、同様とする。

(平30条例7・旧第11条繰下・一部改正)

(委任)

第14条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

(平30条例7・旧第12条繰下)

附 則

この条例は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成10年3月25日条例第13号)

この条例は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成13年3月5日条例第10号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成17年9月9日条例第27号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成23年9月2日条例第16号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年12月13日条例第29号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成30年2月26日条例第7号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第9条関係)

(平25条例29・全改、平30条例7・一部改正)

区分

施設使用料

用具使用料

備考

児童・生徒

一般(大学生を含む)

児童・生徒・一般

町内に住所を有する者

無料

無料

110円

施設の使用又は用具の貸出し1回につき

上記以外の者

110円

210円

110円

矢巾町野外活動施設設置条例

平成2年3月16日 条例第3号

(平成30年4月1日施行)